福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » AGAの治療薬・治療法 » ロゲイン

ロゲイン

ここでは、「AGA」の治療法として、「ロゲイン」について解説していきます。ロゲインとはどんな治療薬なのか、どんな効果とデメリットがあるのかについて詳しく見ていきましょう。

ロゲインとは

ロゲインとは、ミノキシジルを使った塗布するタイプの育毛剤です。日本では、「リアップ」という大正製薬の商品が、ミノキシジルを配合した塗布育毛剤として有名です。もともとは、アメリカのファイザー製薬が1980年代に販売を開始したロゲインが、このタイプの育毛剤のオリジナルとして知られています。

長い実績を持っていて、AGA患者の悩みを解決してきており、たくさんの信頼を勝ち得ている治療薬です。ロゲインには、スプレータイプのものと、スポイトで気になる部分に直接塗布するタイプがあります。

ロゲインの効果

配合されているミノキシジルには、塗布した箇所の血流がよくなります。毛細血管が拡張されていき、流れる血液の量が増大していきます。塗布した頭皮への栄養分の供給が格段と改善され、よい育毛環境が整っていきます。頭髪を生産する毛乳頭や毛母細胞に、必要な栄養分が十分に配給することができます。

さらにミノキシジルには、毛乳頭や毛母細胞の分裂を活発化する作用もあり、髪をつくる働きを活発化することができるのです。

ロゲインのデメリット

ロゲインに含まれるミノキシジルは、もともと高血圧の対策薬として開発されていた経緯があり、使用すると血圧低下を起こします。低血圧の方などは血圧の下がりすぎに注意しなければなりません。

また、かぶれたり痒みが出たりすることがあります。アレルギー反応である可能性があるので、使用を中止しなければなりません。

効果があらわれるまでに、数カ月かかることもあります。その間にもともと生えていた毛が抜けてしまうこともありますが、ロゲインの薬が効いている証拠でもあるので、心配せずに我慢して続けていくことが大切です。

市販されていないということもデメリットのひとつです。海外の製品ですから、個人で輸入することになります。偽造品も出回っているので、注意して購入しなければなりません。

ロゲインと他の治療法との比較

他のミノキシジルを使った塗布薬「リアップ」と比べると、ロゲインの価格の安さが魅力です。ほぼ同じ成分で効果も副作用の可能性も同じですが、ロゲインはリアップの1/3ぐらいの値段で入手できる場合もあります。

しかし、ロゲインは日本では市販されていないこと、日本の医薬品ではないため、もし副作用が出てしまったとしても保険の範囲でフォローしてもらうことができないということを覚えておかなければなりません。

ミノキシジルを配合した、服用するタイプでタブレット状の治療薬もあります。摂取した体内から、ミノキシジルの作用である血管の拡大させる効果を、からだ全体にもたらすことができます。服用薬であれば、塗り薬のデメリットである、定期的に時間を取って塗布する時間、乾くのを待つ時間、などの煩わしさが大幅に軽減されることになります。

定期的にしっかり継続していくことが大切なAGA治療にとって、タブレットを摂るだけというのは、とても簡単なので、多くの方に支持されています。

しかし、ロゲインなどの塗り薬であれば、患部だけに効果をピンポイントで与えることができますから、効果を最大限に患部に対してもたらすことができるということをお分かりいただけると思います。煩わしさをクリアできれば、効果を実感できるようになるでしょう。

育毛効果成分として認められているのは、ロゲインに入っているミノキシジルの他にもうひとつあります。それは、フィナステリドという成分で、プロペシアなどの育毛剤に含まれています。プロペシアなどのフィナステリドを含んだ育毛剤は、日本では医薬用医薬品に分類されており、薬局などで自由に買い求めることができません。

医師に処方してもらうというのが唯一の入手方法となります。AGAクリニックでは、クリニック独自の育毛プログラムに、ロゲインなどに入っているミノキシジルと、プロペシアなどに入っているフィナステリドを併用して処方してくれることが多いです。

CONTENTS
 
pagetop▲