福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » AGAの治療薬・治療法 » プロペシア

プロペシア

よく耳にするようになった「AGA」と「プロペシア」。ここではAGA治療に有効とされている薬、「プロペシア」の効果とAGAとの関係性、成分であるフィナステリドについて調べてみました。実際に服用している方の口コミもまとめています。参考にしてみてください。

プロペシア(フィナステリド)に関連する口コミ

  • (30代 男性)
    AGAについていろいろ調べたらプロペシアが効果があるということで、福岡のクリニックで処方してもらい診察料無料で7,000円かかりませんでした。私の場合少し薄くなったばかりで、2ヶ月ほど試しましたが、何となく抜け毛が減ったような気がします。来月あたりはもっと効果がでるのではないかと期待しています。
  • (50代 男性)
    2、3年前から急に抜け毛が増えだし、いろいろ育毛剤を試しましたが効果はなし。育毛メソセラピーも考えましたが、料金が高いのと痛みがあるようなので評判のプロペシアを6ヶ月試してみることにしました。4ヶ月までは全く反応がなかったのですが、5ヶ月目から急に抜け毛が減りました。また、頭頂部に薄い毛が生えてきたのでうれしいです。
  • (30代 男性)
    クリニックのオリジナル発毛薬でプロペシアが含まれるものを始めて1年が経ちます。最初の3ヶ月くらいは何の変化もありませんでしたが、5ヶ月を過ぎたあたりから発毛を実感。10ヶ月を過ぎた頃は友人からカツラと思われたくらい、別人のようになりました。もう少ししたらプロペシアのみに変えたいと思っています。

フィナステリドが含まれるプロペシアとは

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)に対して有効とされている薄毛の治療薬です。米国の医療薬品メーカーのメルク社(日本国内での会社名称は「MSD」)が開発した、世界初となる薄毛治療の医療用医薬品で、現在では世界60ヵ国以上で承認されています。

以前は「プロペシア」ではなく別名称で、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として処方されていたフィナステリド。そんな中、薬の副作用から発毛効果があることが発見され、97年に男性型脱毛症の治療薬としてアメリカで認可されました。

日本でプロペシアがAGA治療薬として認可されたのは2005年10月。それによって、これまで塗り薬や植毛などが主だった薄毛治療に、「飲む育毛剤」が誕生したのです。

プロペシアには、継続して服用することで脱毛の予防や毛髪を強くするといった効果があるそう。さらには毛量が増えたという事例も数多く報告されています。

プロペシアの効果とAGAの関係性

プロペシアはAGAの主な原因とされている「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を抑制することができる薬です。 DHT(ジヒドロテストステロン)とAGAには「5α-還元酵素」が大きく関係しています。

男性ホルモン「テストテロン」は精子生成量の増加・骨格や筋肉の成長など、大切な役割を持つ男性ホルモン。ところが、これにα-還元酵素が結びつくことで、テストステロンはジヒドロテストステロンになります。

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体に結合すると、細胞分裂が減ってしまい髪の毛が作られなくなってしまうのです。

ジヒドロテストステロン自体は身体にとって必要なホルモン物質ですが、増えすぎるとこのようにヘアサイクルを乱す原因に…。そのため、生成を抑制する作用のあるプロペシアがAGA治療薬として用いられています。

プロペシアの製造元であるMSDが、AGAで悩んでいる20~50歳の健康な方を対象に臨床実験を行ったところ、服用を続けることで「脱毛の進行を抑えられた」と回答した方が9割以上。また、1年間プロペシアを服用し続けることで、「薄毛が改善された」と答えた方は約6割に上ったそうです。頭頂部もしくは前頭部に不安を抱えている方が3年間服用を続けた場合だと、ともに7割以上の方が「改善された」と回答が得られたとのこと。

AGAは日本人男性の約30%が発症する可能性があると言われており、ヘアサイクルに異常が起こることで進行します。

通常だと成長・退行・休止を3年以上かけて繰り返しますが、その期間が極端に短縮されて毛穴に毛包が多く詰まることで、髪の毛に栄養が行き届かなくなり、抜け毛を引き起こしてしまうのです。

フィナステリドとプロペシアは違うもの?

プロペシアはAGAに有効な医薬品の名称であり、フィナステリドはプロペシアに含まれている主成分です。主成分なのにも関わらず、フィナステリドはプロペシアよりも知名度が低いのが現状。

フィナステリドはもともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として処方されていた薬です。その際の副作用として「脱毛の進行が遅くなった」、「薄毛が改善された」といった報告があり、男性型脱毛症の治療薬としての研究が始まりました。

そして97年にアメリカで男性型脱毛症の治療薬としての認可を受け、製品化されたのがプロペシアなのです。

プロペシアを通販で購入するメリットとデメリット

現在プロペシアは、皮膚科やクリニックでの処方だけでなく、通販サイトにて購入することも可能となっています。プロペシアを簡単に手に入れることができ、比較的安価で済みますが、注意しなければならない点も…。通販で購入する前に知っておきたいメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

気軽に始めることができる

パソコンやスマホから注文できるので、周囲に知られることなく気軽に薄毛改善に取り組むことができます。

病院に行かなくていい

これまでプロペシアは、皮膚科やAGAクリニックといった専門の病院へ診察に行き、薬を処方してもらう必要がありました。ですが、通販で購入する場合は通院の必要がないので、通院にかかる時間の削減も可能です。

経済的な負担を軽減できる

プロペシアは服用を継続することで脱毛の進行を抑えることができる薬なので、「長期的な治療」を視野に入れなければなりません。

病院での処方だと、薬代だけでなく治療費や交通費もかかってしまいます。

それに比べて通販では、外国製のプロペシアを安価で手に入れることができるため、経済的な負担を軽減させられます。

デメリット

本当にプロペシアなのか分からない

海外から個人輸入で購入した場合、「本物のプロペシアなのか分からない」といった問題点があります。実際に、専門の病院やクリニックでは「個人輸入したものを飲み続けているけど、まったく効果を感じられない」といった相談が増えているそうです。

このいったことから、バイアグラのようにプロペシアも偽物が販売されはじめていることが判明。薬の見た目だけで本物か偽物かを判断することが難しいからこそ、通販には「服用してみないと本物か分からない」といった不確実さが伴うことを、念頭に置かないといけません。

どんな副作用がでるのか分からない

病院で処方された薬なら副作用に関しての説明がありますが、個人輸入だと薬自体の信憑性だけでなく副作用も不明。健康な方はもちろん、持病がある方の場合の服用はもっと注意が必要です。

プロペシアを処方している福岡のAGAクリニック

プロペシアは薄毛に有効な薬ですが、AGAではない症状には効果がありません。自分の症状がAGAなのかを調べるためにも、まずは病院やクリニックへ診察に行くことをおすすめします。福岡でプロペシア処方を行っている3院をピックアップしていますので、参考にしてみてください。

表参道スキンクリニック 福岡院

表参道スキンクリニック福岡院(旧NAOクリニック)では、独自のオーダーメイド処方に加え、約4ヶ月で99%の方が発毛を実感した実績をもつ「ヘアジニアスプログラム」を行っています。

  • プロペシアの価格:初回のみ3,980円(通常は6,000円)(税抜)
  • 所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F
  • アクセス:JR「博多駅」より徒歩6分
  • 診療時間:12:00~19:00(水木金土)、10:00~17:30(日・祝)

AGAスキンクリニック福岡院

発毛や育毛といったAGA治療を専門に行っているAGAスキンクリニック福岡院。発毛に重点を置き、一人ひとりに合わせた治療を行っています。

  • プロペシアの価格:初回のみ4,200円(通常は7,000円)(税抜)
  • 所在地:福岡県福岡市中央区大名1-12-5 アペゼビル4F
  • アクセス:西鉄「西鉄福岡駅」より徒歩4分
  • 診療時間:10:00~19:00(要予約)

エデンの園クリニック

クリニック紹介文:WEBまたは電話にて予約を受け付けているエデンの園クリニック。AGA治療に関しては、プロペシアの処方のみ行っています。

  • プロペシアの価格:7,500円(税抜)
  • 所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前4-15-10 B:SQUARE 501
  • アクセス:JR「博多駅」より徒歩5分
  • 診療時間:第2・4木金土のみ診療/木:17:00~19:00、金:10:00~19:00、土:10:00~17:00
CONTENTS
 
pagetop▲