福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 女性がかかる男性型脱毛症「FAGA」

女性がかかる男性型脱毛症「FAGA」

近年、女性のための薄毛治療の必要性が認知され始めてきました。薄毛と聞くと、一般的には男性が悩む症状とされ、男性型脱毛症(AGA)が有名ですが、女性の場合は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれ、女性の美しさを大きく損なう要因にもなっています。FAGAに悩んでいる女性も増えてきていることから、東京、福岡、札幌などの都市部を中心としてFAGA治療専門のクリニックも登場しています。そこで、FAGAと原因や対策、そしてAGAとの違いについて解説いたします。

女性がかかる脱毛症は女性男性型脱毛症「FAGA」と呼ばれています。男性の場合とは薄毛の原因や治療法は大きく異なります。近年では、FAGA専門のクリニックも数多く登場しているため、専門的な治療を受けるというのもおすすめです。

FAGAとは

FAGAは血液中に流れる女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの毛髪への影響が大きくなることで発症する脱毛症です。女性の場合は女性ホルモンの低下が主な要因となっているため、男性脱毛症と区別する意味で女性男性型脱毛症(FemaleAGA)と呼ばれています。

FAGAの原因

毛髪のメカニズムは男性と女性で違いがありませんが、男性の場合は男性ホルモンの増加、女性の場合は女性ホルモンの減少が主な要因となっています。

女性ホルモンが減少する主な要因としては、加齢やストレス、過度なダイエット、生活習慣の乱れが挙げられ、加齢の場合は早い人で35歳前後から女性ホルモンの分泌が大きく減少し始めます。

一般的な男性型脱毛症(AGA)との違い

脱毛のメカニズムは同じですが、AGAとFAGAでは脱毛パターンが異なる傾向にあります。AGAの特徴は、頭頂部や前頭部などが部分的に薄くなることです。それに対して、FAGAは頭髪が細くなります。見た目としては全体的に薄くなっていく印象となります。

さらに、AGAの場合は進行性なので放っておくと髪の毛の量は減少し続けることが多いですが、女性の場合は必要最低限の女性ホルモンは分泌されるため、FAGAは放置しても髪の毛が減り続けるというケースは少ないです。

ただし、FAGAは進行性の症状ではありませんが、髪の毛が薄いと年齢を重ねているように見えるため、しっかり対策することで見た目を若々しく保つことが可能です。

FAGAへの対策

FAGAは基本的に薬剤による治療をすることはできません。というのも、主な要因は女性ホルモンの減少なので、薬に頼らずに生活習慣を改善することでホルモンバランスを改善することが求められるのです。

たとえば、ダイエットや過度な運動はホルモンバランスが乱れる原因となるため、症状の改善に向けて控える必要があります。また、睡眠不足やストレスもFAGA発症の大きな要因です。特に、ストレスはホルモンへの影響だけでなく、血管の収縮によって血流が悪くなって頭髪へ栄養が行き渡りにくくなるため、髪の発育が損なわれる可能性があります。

そのため、発髪の発育を促すことも大切とされており、髪の毛は主にタンパク質が主成分ですが、栄養バランスを考えた食生活が重要となっています。

ただし、ホルモンバランスの乱れは複数の要因が絡み合っていることがあるため、本人だけでは原因の特定は難しいことがあります。また、実際には生活環境を変化させるのは容易ではなく、改善を目指して症状が治まらないと余計にストレスが溜まるというような負の連鎖に陥る危険性もあります。

FAGA治療に力を入れているクリニックは多数

どうしても自分一人で対応が難しいという方は専門クリニックに相談するのも1つ方法です。FAGAが徐々に認知されてきたこともあり、大きな都市やエリアにはFAGA治療クリニックが数多くあります。

治療費用に関しても、たとえば東京・神奈川・埼玉・福岡・北海道・大阪など全国展開する大手の中にはモニターを募集しているクリニックが存在し、治療費が最大30%割引となるケースもあり、治療方法やクリニックによっては想定以上に安く済ませることが可能です。

CONTENTS
 
pagetop▲