福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 心当たりはない?AGAの3大原因 » 男性ホルモンの乱れ

男性ホルモンの乱れ

ここでは抜け毛や薄毛などAGAが生じる要因として考えられる男性ホルモンの影響について解説。その解決策についても説明しています。

男性ホルモンがAGAを発症させるメカニズム

AGAの最も大きな原因のひとつとして、男性ホルモンから変化して分泌されるジヒドロテストステロン(DHT)があります。

これは、男性ホルモンであるテストステロンが毛髪や皮脂腺に存在する酵素の1つである、5α-リダクターゼと結合することで発生します。

テストステロンよりも、ホルモン活動が10~30倍強いDHTが毛乳頭にある受容体に結び付くと、毛母細胞の機能を弱め髪の成長を抑制してしまうのです。

通常のヘアサイクルで、髪は退行期・休止期・成長期という時期を繰り返します。休止期から成長期の間は古い毛が抜けて、太く強い毛が新たに生えてきます。

AGAは、ヘアサイクルがDHTなどの影響で正しく働かなくなってしまうことで発生します。自分の髪が「成長する前に抜け落ちる」「成長しても薄く弱々しい髪になってしまう」といったサイクルを短い間で繰り返していたら、それはAGAの前兆かもしれません。

AGAはよく遺伝すると言われますが、それはAGAそのものではなく5α-リダクターゼの分泌量とDHTの感受性のことで、AGAになりやすい体質が遺伝するのです。

ただ、実際はさまざまな要因が絡み合っているため、遺伝したからといって必ずAGAを発症するというものではありません。

5α-リダクターゼを阻害することで改善

AGAは男性ホルモンが深く関わっていることと遺伝的要素があることはわかりました。今の医療技術ではAGAを完全に治療することは難しいのですが、対策次第で症状を改善することは可能です。

テストステロンと5α-リダクターゼが結びついたDHTが抜け毛の主な原因と考えると、対策としては5αリダクターゼの働きをいかに抑えられるかが重要なポイントとなります。

もちろんテストステロンが無ければ、DHTは生成されることはありませんが、男性ホルモンであるテストステロンを除去するというわけには行きませんので、注目すべきは5α-リダクターゼということになります。

AGA治療薬として有名なものにプロペシア(フィナステリド)がありますが、実はプロペシアには5α-リダクターゼを阻害する働きがあります。

ハーブサプリメントのノコギリヤシにも同様の作用があると言われていますが、医薬品として正式に認可されているのはプロペシアだけです。

プロペシアの効果によりDHTの生成が抑制され、ヘアサイクルを正常な状態に戻す効果が期待できます。毛髪をプラスする効果はあまり期待できませんが、毛髪のマイナスを防ぎ、本来の正常な毛髪量に戻す作用はあると言えます。

プロペシアの効果を持続させるためには飲み続けることが必要です。効果があったからといって服用を中止してしまうと、AGAの症状は進行してしまうので注意が必要です。

CONTENTS
 
pagetop▲