福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » AGAの基本的な治療方法

AGAの基本的な治療方法

AGAの治療は医療機関で受けられます。具体的にどのような治療が行われているのでしょうか。基本的な治療法を解説します。

理解しておきたいAGAの原因

AGAの主な原因は、毛乳頭細胞に取り込まれた男性ホルモン・テストステロンが酵素の働きにより活性の強いジヒドロテストステロン(DHT)に変換されることです。DHTが毛乳頭細胞内の受容体と結びつくと、ヘアサイクルは成長期から退行期へ誘導されます。ヘアサイクルは、髪の毛が生えて抜け落ちるサイクルです。「髪の毛が太く・長く成長する成長期」「髪の毛の成長がストップする退行期」「髪の毛が抜け落ちる休止期」に分かれます。AGAでは、成長期から退行期に誘導されるため髪の毛が長く・太く成長できません。その結果、細く短い軟毛、あるいは産毛が増えて薄毛が目立つようになります。

フィナステリドの内服とミノキシジルの外用が治療の基本

AGAの基本的な治療がフィナステリドの内服とミノキシジルの外用です。日本におけるAGAの標準的治療試案として作成された「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」において、いずれも「A 強く行うように勧められる」に分類されています。このガイドラインでAに分類されているのはフィナステリドの内服とミノキシジルの外用だけです。フィナステリドの内服とミノキシジルの外用は、AGAの最も基本的な治療方法といえます。

参考:『男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)』 日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

フィナステリドの働き

フィナステリドは、テストステロンをDHTに変換する酵素を阻害することで脱毛を予防します。その働きは、使用前の臨床写真と比較して有効性を判定した研究などで確かめられています。

6カ月以上内服した症例については,使用前の臨床写真と比較して有効性を判定した.これらの調査の結果,受診患者のNorwood-Hamilton分類は軽症のII型が43%,III型が17%と両者で約半数を占め, 重症のVI型,VII型は10%以下であった.有効性の判定では,「やや改善」以上は内服半年後で66%であった。

出典:『フィナステリドによる内服治療を実施した男性型脱毛症患者の病型分類と内服薬の有用性,患者アンケートに関する解析』 日本医科大学皮膚科
https://www.jstage.jst.go.jp/article/dermatol/118/2/118_213/_article/-char/ja/

全ての方で改善したわけではありませんが、フィナステリドの内服は一定の効果を期待できると考えられます。

ミノキシジルの働き

ミノキシジルは次の働きにより発毛作用を発揮すると考えらえています。

ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。 ヘアサイクルに変化が起こり小さくなった毛包を大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。

出典『ミノキシジルの作用』 大正製薬
http://www.taisho.co.jp/riup/minoxidil/

ミノキシジルには、休止期から成長期への移行を促す働き(発毛を促進する働き)と成長期を延長することで髪の毛を太く長く育てる働きが期待できます。ミノキシジル5%製剤の効果を医師が評価した試験で、 24週間後から「軽度改善」「中等度改善」「著名改善」を合わせて9割以上に改善がみられています。発毛を促したい方にとってミノキシジルは期待できる治療法といえるでしょう。

出典『ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果』 大正製薬
http://www.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

多くの医療機関は、フィナステリドの内服とミノキシジルの外用を並行して行っています。脱毛を予防しつつ発毛、育毛を促せるからです。働きの違う治療法を組み合わせられるので、最も効果的な治療と考えられます。

CONTENTS
 
pagetop▲