福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » AGA治療の副作用について

AGA治療の副作用について

福岡でAGA治療を受けたいものの、副作用が心配で踏み切れない方がいるかもしれませんね。お困りの方は想定される副作用を正確に理解したうえで、AGA治療を受けるべきか判断しましょう。AGA治療にはどのような副作用が想定されるのでしょうか。詳しく解説いたします。

AGA治療で副作用はあるのか?

AGA治療には様々な方法があります。中でも多く用いられているのが、内服薬のプロペシアと外用薬のミノキシジルです。他の医薬品同様、これらの医薬品にも副作用はあります。具体的に、どのような副作用が想定されているのでしょうか。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシアは有効成分・フィナステリドを含む内服薬です。テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼを阻害することで脱毛を防ぎます。

臨床試験(48週間の2重盲検比較試験)において、安全性評価対象276例中11例(4%)に14件の副作用が認められています。主な症状はリビドー(性欲)減退(3例・1.1%)、勃起機能不全(2例・0.7%)です。その後の使用成績調査では、943例中5例(0.5%)に5件の副作用が認められています。主な症状はリビドー(性欲)減退(2例・0.2%)、肝機能障害2例(0.2%)です。

これらのほか、1%未満の確率で射精障害、精液量減少を起こす可能性、頻度不明で睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下、掻痒賞、蕁麻疹、血管浮腫、抑うつ症状、めまいなどを起こす可能性が指摘されています。

参考:『プロペシア錠』 MSD株式会社
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

以上からわかる通り、副作用は起こり得ますがその可能性はごくわずかです。基本的には、安全性の高い医薬薬と考えられています。副作用が現れた場合は投与を中止するなどの処置が必要になります。服用後、異常を感じた方は出来るだけ早く医師に相談しましょう。特に、肝機能障害には注意が必要です。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、血管を拡張することや毛母細胞を活性化することなどで発毛を促す治療薬です。大正製薬が販売しているリアップの有効成分として知られています。

外用薬としてミノキシジルを用いた場合、皮膚症状として頭皮の発疹や発赤、かゆみ、かぶれ、フケ、使用部位の熱感など、精神神経系症状として頭痛、気が遠くなる、めまい、循環器症状として胸の痛み、心拍が早くなる、代謝系症状として原因の分からない急激な体重の増加、手足の浮腫などが現れる恐れがあります。

参考:『リアップ×5説明書』 大正製薬株式会社
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000037183.pdf

以上の中で、最も現れやすいとされるのが頭皮のかゆみです。ミノキシジル以外の成分(基材や防腐剤など)が影響していることもあります。外用薬としてミノキシジルを用いた場合、副作用が現れる可能性はごくわずかです。外用薬・ミノキシジルも安全性の高い医薬品と考えられています。とはいえ、副作用が全くないわけではありません。使用後、異常を感じた方は医師に相談しましょう。

AGA治療で副作用が心配な場合のクリニックの選び方

育毛剤を販売したい方などからAGA治療薬は危険という声もありますが、実際に副作用を起こすリスクは低いと考えられています。それでも心配な方は、AGA治療の知識・経験が豊富なAGA専門クリニックで相談してみてはいかがでしょうか。万が一の副作用にも適切に対処してくれるはずです。福岡には信頼できるAGA専門クリニックが多数あるので、これらで相談することをオススメいたします。

CONTENTS
 
pagetop▲