福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » AGAの予防・対策法

AGAの予防・対策法

AGA予防のために自宅でできる改善策です。

食生活の改善

AGA予防のためには極力揚げ物などの脂っこい食べ物を控え、バランスのいい適正なカロリーの食事を心がけるようにしましょう。

日本人の食生活が野菜や魚中心の純和食から、肉食中心の欧米化した食事へと変化した際、日本の薄毛人口は一気に増加したといわれています。決してAGAの発症がすべて食べ物によるものだと断言することはできませんが、抜け毛の予防改善に食生活を見直すことは少なからず役立ちます。

また、バランスの悪い食事は栄養が偏るだけでなく内臓機能の低下を招き、栄養の吸収そのものが妨げられてしまうという弊害もあります。髪への栄養が十分に届かず、強くて太い毛が育たなくなるという悪循環に陥るわけです。

十分な睡眠

睡眠はAGAを防ぐ重要な要素です。「寝る子は育つ」ということわざがあります。これはあながち迷信ではなく、科学的な裏付けが存在します。

ヒトは睡眠中に成長ホルモンを体内に出します。成長ホルモンは髪や肌などに栄養を届ける命令を出す役目があり、年齢が上がるにつれて、その分泌量は減少していくのです。

髪を保つための適切な睡眠時間については諸説ありますが、一般的には平均5時間以上とされています。またゴールデンタイムと呼ばれる22:00~26:00の時間帯は、最も成長ホルモンを促す黄金期といわれます。

成長ホルモンと密接に結びついていることから、AGAを予防するためのガイドラインとして十分な睡眠はとても大事なことです。

シャンプーは毎日するべし

頭皮を清潔に保つことはAGA対策の基本です。

汗や皮脂、汚れをシャンプーで洗い流すことは、抜け毛を予防するためには絶対に不可欠なことです。しかし1日に何度もこまめに洗えばよいというわけではありません。

過度な洗髪は毛髪を傷めることにつながります。また皮脂を落としすぎてしまうのも、頭皮の保護機能を下げてしまうため悪影響となります。いずれにせよ、シャンプーは1日1回が最適であるというのが現時点での定説です。

肌が敏感な方は刺激の少ないシャンプーを選ぶことも必要です。専門家の意見をよく聞き、頭皮に負担を与えないようなものを選びましょう。

以上AGAのおもな改善法を挙げました。しかしながら、AGAの根本原因はホルモンバランスの乱れによるものです。いくら生活習慣を見直しても改善には限度があります。専門医の指導のもとで治療をおこなうことが、間違いのない最適なAGA対策といえるでしょう。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整えることがAGA対策になると述べましたが、どのように行えばいいのでしょうか。ここでは、ホルモンバランスを整えることでAGA対策ができる理由と、ホルモンバランスを整える方法をご紹介します。

DHTが発生する理由

AGAの原因になるのは男性ホルモンのバランスが崩れ、悪玉男性ホルモンであるDHTが増えてしまうことです。この悪玉男性ホルモンはどうして発生してしまうのでしょうか。

悪玉とわかっているのなら、進化の過程で発生しない身体になってもおかしくないはず。にもかかわらず、未だにDHTがのさばっているのには何か理由があるはずです。

その理由とは、DHTはテストステロンの作用を強力にしたものだからです。何らかの理由でテストステロンの分泌量が減ってしまうと、生体は機能を維持することができなくなります。

そんなときに残されたテストステロンを5αリダクターゼがDHTへと変換することで、機能を維持しているのです。では、テストステロンを減らしてしまう要素とは一体なんなのでしょうか。そのひとつがストレスホルモンの存在です。

強いストレスを受け続けるとハゲるというのは、昔からまことしやかにささやかれてきた噂です。しかし、これは単なる噂ではありません。現在ではストレスとハゲには密接な関係があるということがわかっているのです。

強いストレスを受け続けると、脳はコルチゾールという物質の生成を指示します。コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれ、ストレスから脳を守るために必要なホルモンです。強いストレスを受けると、コルチゾールは腎臓の上にある副腎と呼ばれる臓器で分泌されます。

そして脳を守るために血圧・血糖値を上げ、栄養を確保する役割を果たすのです。

【参考】

栄養が脳で確保されてしまうため、頭皮に行き渡らなくなるというのも、ハゲる原因のひとつなのですが、それよりも大きな問題があります。コルチゾールが分泌されると、テストステロンの分泌量が減ってしまうのです。

コルチゾールは脳に栄養を確保するために筋肉を分解して糖分を作り出します。一方、テストステロンは糖分を使って筋肉を作る働きがあるため、脳を守るためには分泌量を減らす必要があるのです。

しかし、テストステロンには生体機能を維持する重大な役割があるはず。分泌量を減らしても問題はないのでしょうか。そこで活躍するのがDHTです。

DHTは、男性ホルモンとして生体機能を維持する作用が強いのですが、筋肉を作る働きを持っていません。そのため、コルチゾールが分泌された際に生体機能を維持するのに最適なホルモンなのです。

テストステロンをDHTへと変換するということは、糖を消費するホルモンを減らしながら男性ホルモン作用を維持するということ。つまり、脳を守りながら生体機能の維持ができるというわけです。そして、その代償になってしまうのが髪の毛。DHTが増える以上、AGAリスクも上がるのは自明の理です。

ストレスで髪が抜けるのは、このようなメカニズムによるものだったのです。

DHTの発生を抑制する対策として考えられるのは、「ストレス解消」「運動」「禁煙・禁酒」です。

ストレス解消がAGA対策になる理由

ストレスを受けると、体内ではコルチゾールが生成されます。コルチゾールは、テストステロン分泌量を減らし、残ったテストステロンがDHTへと変換する要因になるストレスホルモン。では、DHTを発生させないためにはどうすればいいのでしょうか。

コルチゾールを生成させないように、ストレスを発散すればいいのです。強いストレスを受け続けなければ、コルチゾールを生成する必要がありませんから、テストステロン分泌量も減ることはありません。「ストレスが溜まってきたな」と感じたのなら、カラオケなどで思いっきりストレスを発散するようにしましょう。

禁煙・禁酒がAGA対策になる理由

コルチゾールが分泌されるのは、何も精神的なストレスを受け続けたときだけではありません。タバコやアルコールもコルチゾールを発生させる要因になってしまうのです。

喫煙や過度のアルコール摂取はこの2つの物質の体内濃度を高めてしまいます。スポーツ選手がタバコを吸うと成績が悪くなると言われているのは、筋肉を作るテストステロンの分泌量が減ってしまうからと言えば、説明がつきますよね。つまり逆に考えると、禁煙や禁酒もAGAの対策になるということに繋がります。

今まで日常的にタバコを吸っていた方や深酒がクセになっていた方は、もしかしたらコルチゾールの分泌が原因だったのかもしれません。ただし、禁煙や禁酒によって精神的なストレスを受けると、どちらにしてもコルチゾールの分泌を促してしまうので、禁煙や禁酒は無理のないレベルから挑戦するようにしましょう。

運動がAGA対策になる理由

テストステロン分泌量が減るとDHTが発生するということは、テストステロン量を増やせばDHTが増えないという見方もできます。そこでオススメなのが運動。運動は筋肉を消費するため、その回復のためにテストステロンを必要とします。つまり、運動をすることで必然的にテストステロン量を維持することができるのです。

運動は、ストレス発散にも繋がるので一石二鳥。それどころか、血行促進効果によって頭皮に栄養が行き渡りやすくなるため一石三鳥とも言えるでしょう。

ただし、やり過ぎには注意が必要です。実は運動量を増やしすぎると、テストステロンの分泌量が逆に減ってしまうのです。特に今まであまり運動をしてこなかった方は、突然過度な運動をするとテストステロンの分泌量はガクッと下がります。

これは、筋細胞がボロボロになってしまった結果、テストステロンを補修のために大量に使ってしまうことで起こる現象です。テストステロンが減るとDHT量が増える可能性があるため、やり過ぎには注意しましょう。

それでもダメならAGAクリニック

テストステロンの分泌量を増やすことでAGAを予防できますが、あくまでそれは予防の手段に過ぎません。実際に髪が減ってしまった場合、改善することは難しいでしょう。

そこでAGAを本気で改善したいのならAGAクリニックがオススメです。福岡のAGAクリニックでは、毛髪量改善のためのさまざまな治療が受けられるので、薄毛で悩んでいるのなら一度通ってみるといいでしょう。

CONTENTS
 
pagetop▲