福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » AGAと遺伝の関係

AGAと遺伝の関係

ここではAGAが遺伝によるものなのかを解説します。

遺伝によるAGAの研究結果

頭が禿げることは遺伝によるところが大きいという話をよく耳にします。果たしてこれは本当なのでしょうか?

祖父や父親が禿げている子供の約半分は、同じように頭髪が薄くなると言われていました。これには科学的な裏付けがなく、数年前までは半ば迷信めいた俗説にすぎませんでした。しかし2005年、ドイツの研究チームがこの俗説を裏付ける、薄毛と遺伝に関しての革新的な研究発表が提出されました。

ドイツ・ボン大学の調査結果によると、40歳前に薄毛になった男性達を集めて、それぞれの親族から採血して分析したところ、薄毛になる人の男性ホルモンには変異の受容体遺伝子、つまり有力な薄毛遺伝子があることが初めて発見されました。これは女性のX染色体上にあるため、薄毛遺伝子は基本的に母親から遺伝することがわかったのです。自分の父親が薄毛でなくとも、母親が薄毛だった場合は薄毛になる確率が高くなり、また母方の祖父が薄毛の場合でも、隔世遺伝で受け継ぐことがあるようです。どちらかというと、この隔世遺伝の方がAGA要因として大きいと考えられています。

まだまだ研究の余地はありますが、この結果を踏まえるとAGAと遺伝的要因は少なくとも関係性があるということが証明されています。

遺伝するのはAGAそのものではなく「体質」という説

一方で、遺伝するのはAGA自体ではなく「AGAを誘引するような体質」であるという説もあります。

AGAになる要因には生活習慣の乱れがあります。運動不足や喫煙、飲酒、食の欧米化などが挙げられますが、そのような生活習慣に大きく影響される体質が遺伝しているにすぎないという考え方です。これはAGAに悩む男性にとっては朗報といってもいいでしょう。なぜならこれらの要因においては、自らの生活を改善することでAGAの進行を遅らせたり防げたりできるからです。毎日適度な運動をしたり、禁煙に踏み切ったり、脂っこい食事を控えたり、能動的に生活環境を変えることで薄毛防止の一端を担えます。

「自分が禿げているのは遺伝だから仕方がない」と諦めず、習慣や食生活を見直すことで自発的にケアができるわけです。

AGAはさまざまな要因が折り重なって発症するものなので、頭髪が薄くなる原因を100%遺伝であると決めつけるのは早計。遺伝的要因と薄毛の関係を正しく理解することがAGAを改善するための近道となりえるのです。

CONTENTS
 
pagetop▲