福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » 保険適用外のAGA治療費用をできるだけ安く抑える方法

保険適用外のAGA治療費用をできるだけ安く抑える方法

「朝起きた時、枕元の抜け毛の量が増えてきた」
「夜に髪を洗った後、排水溝に抜け毛が詰まり、水はけが悪くなったような気がする」
そんなあなたが次に考えるのが、「薄毛対策を取らないとヤバイ!」ということ。

しかし薄毛治療にかかる費用は、非常に高額です。その金額といえば、思わず「ボッタくられているのでは?」と不安になってしまうほど。しかし安心してください。決してボッタくりではありません。薄毛治療の費用が高いのには理由があるのです。

実は、薄毛治療、特にAGA(男性型脱毛症)の治療にかかる費用には保険が適用されません。治療費や薬の代金が高額なのは、それが理由だったのです。では、資金力がない人間は、AGAの治療を行うことはできないのでしょうか?大丈夫です。少しの工夫を行うことで、AGA治療の費用はちゃんと節約することができるのです。

この記事では、AGA治療にかかる費用を抑えるための方法を解説します。

AGAの治療には保険が適用されない!

薄毛治療のために、AGAクリニックへ通いたいと考えている方は多いでしょう。しかし「AGA治療にはお金がかかる」というイメージがあるため、カンタンに治療に踏み出すことはできません。そのイメージはいつの間にか拡大解釈されるようになり、「ボッタくられるかも」というアリもしない詐欺に怯えてしまう方も少なくないはずです。

まずは安心してください。AGAクリニックの治療費が高いのは、ボッタくりではなく「健康保険が適用されないから」です。治療に関わっている方々は薄毛で悩む方々をできるだけ多く救いたいと考えています。

普通の病院での治療費が安いのは、健康保険が適用されているからです。保険が適用されると、患者の負担は3割で済みます。もしも保険が適用されていなければ、普通の病院でかかる費用も3倍以上になっていることでしょう。逆に言うと、保険が適用されていればAGA治療にかかる費用も、決して高額ではないのです。

AGAの治療に健康保険が適用されない理由は、AGA治療が美容整形と同じ分類に分けられているからです。美容整形は命に関わる治療ではありません。そのため、健康保険が適用外になってしまうのです(※)。

【参考】

治療ごとの相場をチェック

AGAの治療はただ育毛剤を投与するだけではありません。治療方法には大きく3つの種類があり、種類によって金額は大きく変わってきます。

ここでは治療内容ごとの相場をチェックしていきましょう。

飲む医薬品

AGAクリニックで最も多い治療法は、飲む医薬品の処方です。内服タイプの医薬品は、成分を体内に直接取り込むため、効果が高い代わりに副作用も深刻です。そのため、ドラッグストアで購入することができず、AGAクリニックで処方してもらうしかないのです。

飲む医薬品として有名なものはプロペシア。有効成分のフィナステリドが、体内の薄毛を進行させる酵素5αリダクターゼを抑制し、AGAを治療するという医薬品です。プロペシアの相場は、7,000円~10,000円。1ヶ月分ずつ処方されるため、毎月このくらいの出費があると見積もっていていいでしょう。

患部へ有効成分を注射

ミノキシジルやフィナステリドなどの有効成分や成長因子、アミノ酸、プラセンタなど、発毛のために役に立つ成分を患部に直接注射するのがこの治療方法。AGAクリニックによって育毛メソセラピーやHARG療法など異なる手法をとっています。

成分を直接注射するため、患部が成分を確実に受け取ることができ、効果が高いと言われているのが特徴。クリニックごとに成分が違うため、価格は大きく変わってくるのですが、1回につき10,000円~50,000円程度が相場です。

自毛植毛

自らの後頭部にある髪の毛を患部へ移植する手法。それが自毛植毛です。後頭部の髪の毛には男性ホルモン受容体が存在しないため、男性ホルモン異常によって発生するAGAには有効な治療法。移植後の髪の毛はAGAによって抜けることがないので、一度治療を受ければメンテナンス不要というのも嬉しいところです。

自毛植毛は毛根1株ごとに料金がかかってきます。1株あたりの相場は300円~1,000円なので、1,000株植毛すれば300,000円~1,000,000円といったところでしょう。

ただし、クリニックによっては単価を安くする代わりに施術料金を別途設けているところもあります。自身の植毛範囲に合わせて、一番安くなるクリニックを探せば、治療費を抑えることができます。

ジェネリック医薬品で費用を抑えよう

AGA治療で最も多い飲む医薬品による治療。この場合、ジェネリック医薬品を利用することで費用を大幅に抑えることができます。プロペシアの有効成分フィナステリドには後発医薬品(ジェネリック医薬品)が多数開発されているのです。

フィンペシア、フィンカー、フィナロなどのジェネリック医薬品を利用すれば3,000円程度で、クリニックによっては2,000円未満で薬を処方してもらうことも可能です。福岡のAGAクリニックでもジェネリック医薬品を処方してもらうことはできるので、治療にお金を掛けることができない場合、利用してみてもいいのではないでしょうか。

医療費控除制度が使える可能性も!

AGAの治療には健康保険が適用されない上に、‘基本的には’医療費控除制度も利用することができません。そのため‘基本的には’節税することができないのです。

医療費控除制度とは、1年間で家族全員の診療費・薬品代金が100,000円以上の場合、税金分が返金されるという制度。自由診療であるAGAの治療は‘基本的には’適用されることはありません。

さて、今‘基本的には’と強調したのには理由があります。それは、「精神的な理由や他の病気の影響から脱毛した場合」に限り、医療費控除制度を利用することができるからです。適用されるかどうかの判断は税務署が行うことになるのですが、相談する価値はあるでしょう。

福岡でAGA治療を行った方は、まず最寄りの税務署に相談してみるといいでしょう。

AGA治療が高い理由と節約する方法

AGA治療には高額な費用がかかります。以下でその理由と対策をまとめましたので、参考にしてください。

  • AGA治療は健康保険が適用されないため高額になる
  • AGA治療が健康保険適用外なのは、命に関わる症状ではないため
  • AGA治療は医薬品処方、患部への注射、植毛の3つに分類され、それぞれで料金が異なる
  • ジェネリック医薬品を利用することで、薬品代金を半額以下に節約できる
  • 精神的な理由や他の病気の影響からAGAになった場合、医療費控除が適用できる
CONTENTS
 
pagetop▲