福岡で評判のAGAクリニックを徹底比較 効果の高いAGA治療が受けられる福岡のクリニックガイド

No.1表参道スキンクリニック AGA治療の内容をチェック

No.2 AGAスキンクリニック福岡院 AGA治療の内容をチェック

No.3 男たちの美容外科 AGA治療の内容をチェック

HOME » 薄毛に悩む方のAGA基礎知識 » AGAの治療はいつまで続けなくてはいけないの?

AGAの治療はいつまで続けなくてはいけないの?

 AGAとは

AGAとは、「AndroGenic Alopecia」の略称。男性型脱毛症を意味します。1040代のまだ若い年齢のうちから薄毛の症状が見られますが、発症箇所は人によってさまざまです。額が後退するタイプや後頭部を中心に薄毛が広がっていくタイプ、中には両方の症状が見られるタイプの人も珍しくありません。額が後退するタイプの原因は、主に男性ホルモン。酵素の影響でできる男性ホルモン、ジヒデロテストステロンによって発毛サイクルが乱れることで発症します。通常太く成長する段階の頭髪がホルモンの影響で成長できず、細く弱弱しい状態になってしまうのです。一方、後頭部を中心に薄毛が見られるタイプでは、頭皮の血行不良が原因のひとつ。髪の毛に栄養が届かず、薄毛を引き起こしてしまいます。他にもストレスや生活習慣、遺伝も原因となっていて、現代の日本では成人男性のおよそ3人に1人の割合でAGAに悩まされているのです。しかし、残念ながらAGAは予防の難しい病気。頭皮を清潔に保ったり、バランスの良い食生活を心掛けることは大切ではありますが、ホルモンや遺伝の影響から発症してしまう場合は大いに考えられるのです。その反面、早い時期から治療を始めると効果が見られやすい傾向もあります。大切なことは、早期発見・早期治療ではないでしょうか。手遅れになる前に、専門クリニックへ相談してみると良いでしょう。

 

AGA治療の選択肢

ではAGAの治療には、どのような選択肢があるのでしょうか?科学的根拠のある治療法から、効果が保障されていない治療法までさまざまある中で、特に多くのクリニックで採用されている治療法を4つ、ご紹介します。

・薬剤治療

多くのクリニックで取り入れられている治療法が、内服薬治療です。使用する薬は、フィナステリド(別名:プロペシア)とミノキシジルの2種類。どちらも比較的新しい薬剤ですが、その効果の高さから近年注目を浴びています。

まず紹介するフィナステリド(プロペシア)は、額から後退するタイプに有効。2005年に厚生労働省より認可された後は前立腺肥大症の治療にも使われているほど、安全性の高い内服薬です。20歳以上のAGAにのみ処方され、11回必ず服用する必要があります。副作用として男性機能の低下も報告されているため、服用の際には医師の説明を詳しく聞くようにしましょう。

次に紹介するミノキシジルは、主に後頭部から薄毛が広がるタイプに有効の薬剤。本来は血圧降下剤として開発されたのですが、偶然発毛効果が発見されたことにより、AGA治療に採用されました。ミノキシジルは頭皮の毛細血管を広げ、血行を促進してくれる薬剤で、栄養や酸素を毛母細胞に届けてくれます。塗り薬タイプであるため、副作用としてかゆみやかぶれなどがあり、人によっては血圧が下がるなどの副作用が見られることも。効果が高いからと安易に使用する前に、副作用についても必ず確認しておきましょう。

 

・注入療法

頭髪の再生医療で注目されている、注入療法。さまざまな成長因子を頭皮に直接注入し、発毛を促進する治療法です。発毛をしていない毛根に直接働きかけ、活性化を促進。発毛機能の復活が期待できます。

 

・自毛植毛

自毛植毛とは、AGAになりにくい側頭部などの毛髪を、頭皮ごとAGAの該当部分に移植する治療法です。最近では、ロボット植毛という方法も開発され、頭皮は残し、毛根のみを移植できる医療機関も増えてきています。術後すぐに薄毛が解決される一方、保険の効かない中での手術治療となるため、金銭的にも身体的にも負担が大きく、さらに治療後に薄毛の進行が止まるわけではないなど、注意点の多い治療法です。

 

・人工毛植毛

人工毛植毛は、AGA患部に合成繊維で作られた人工毛を植毛する治療法を指します。一度の治療で、多くの植毛を可能としてくれる点がメリットです。一方、人工物である以上、植毛後には異物反応を見せるケースもあります。

 

AGAの治療期間

さまざまな治療方法について勉強してきましたが、そもそもAGAはいつまで治療が必要なのでしょうか。調べてみると治療方法によって、期間が異なっていることが分かりました。

まず、多くの医療機関で採用している薬剤治療は、服用期間のみ効果が見られます。つまり、薬剤治療だけでは、AGAを完治できないということなのです。しかし、早期発見・早期治療を行った結果として、一定の改善は期待できるでしょう。効果が見え始める時期には個人差がありますが、1年程度は必要です。

次に、自毛や人工毛による植毛治療の場合、一旦植毛したら治療は終了します。通院の必要回数は13回で、その後、さらにAGAが進行して気になる部分が増えた際に、追加で治療するケースもありますが、一度植毛した部分はメンテナンス程度。短期的な治療を望む人におすすめです。

最後に紹介する注入療法は、月に1回の頻度で、半年~1年程度の治療期間が必要。一旦効果が見られた後は、経過観察で何度か通院を求められますが、追加治療などによる定期通院はありません。根本的な改善と長期的な効果を求める人に選ばれている治療法です。

では、実際にAGA治療を受けるならどこのクリニックを選べばよいのでしょうか。今回は福岡県内でおすすめのクリニックをご紹介します。

 

表参道スキンクリニック 福岡院

まず紹介するクリニックは、表参道スキンクリニック福岡院。短期間で効果を実感できる独自の治療方法を提案している、発毛専門クリニックです。表参道スキンクリニックでのAGA治療は、ヘアジニアス・プログラム。従来の薬剤治療は、薄毛の進行を食い止める目的で行われますが、ヘアジニアス・プログラムでは発毛効果を求めています。そのため、1人ひとりの発症原因を解決できるよう、まずはオーダーメイドで薬を処方。その後、薬や成長因子をバランスよく注入しながら、毛根の活性化を促します。表参道スキンクリニックによると、発毛を実感できるまでの治療期間は、4か月程度。開始からの1か月で頭髪にコシが出始め、12か月で抜け毛が減少していきます。前頭部や後頭部には産毛が見られる時期です。34か月には、成長した産毛が太くなり、薄毛部分に改善が見られ始めます。そして、46か月後には、99%の人が発毛効果を実感できるようになるのです。治療から13年経つと、安定した発毛効果が見られます。まずは、自分の発症原因を知るためにも、無料カウンセリングで相談してみませんか?

 

AGAスキンクリニック 福岡院

次に紹介するクリニックは、AGAスキンクリニック福岡院です。AGA治療に特化した男性専門のクリニックで、より専門的な知識と技術で治療を期待できます。AGAスキンクリニックの魅力は、治療方法の選択肢の多さ。従来の薬剤治療の他に、植毛やオリジナルヘアケア商品によるホームケア、LED治療へアビーム、オリジナル発毛薬、AGAメソセラピー、AGA幹細胞再生治療が挙げられます。中でも、AGAスキンクリニックでの治療に多く取り入れられている方法が、オリジナル発毛薬とAGAメソセラピーの併用。オリジナル発毛薬にはミノキシジルだけでなく、サプリもバランスよく配合され、発毛を促しながら抜け毛を抑止してくれる効果が期待できます。併用するAGAメソセラピーとは、発毛成長因子の注入治療のこと。頭皮に注射で直接注入するのですが、患部を冷やしてから施術するため、痛みも少なく済みます。効果が実感でき始める時期は、治療開始からおよそ4か月後。6か月~1年経過すると、なかなか改善が見られなかった部分にも発毛効果が実感できるようになります。

 

男たちの美容外科

最後に紹介するクリニックは、男たちの美容外科。全国に4つの院を持ち、4万人以上のAGA治療に携わってきました。男たちの美容外科では、内服薬・外用薬治療と注入治療、ヘッドスパや炭酸ガス注入などのAGA治療を採用しています。中でも、オリジナル内服薬である「マイティアップ内服薬」は、抜け毛防止が期待できるフィナステリドと育毛効果が期待できるミノキシジルを配合し、合わせてカルシウムやアミノ酸、ビタミンなども配合しています。内服薬だけでも発毛効果は期待できるのですが、短期間での効果を求める人には発毛カクテル注射やヘッドスパなどとの併用もおすすめ。公式ホームページには、実際に治療を受けた人の症例写真が数多く紹介されています。AGA治療での効果に不安がある人は、参考までに一度目を通してみてはいかがでしょうか。

 

 

男性にとってデリケートな悩みであるAGA。治療方法によっては、短期間でもしっかりと発毛効果が実感できることが分かりました。ひとりで思い悩む前に、まずは無料カウンセリングで専門家に相談し、発症原因の特定や、有効と考えられる治療方法の候補などについて、話を聞いてみてはいかがでしょうか。

CONTENTS
 
pagetop▲